FC2ブログ

アニメーション まいにち頑張る。

アニメーション情報イチ早

PSVRが300万台売れたらしいけど…

 

なんかビミョ~な数字(笑)

 

まぁ、SONY側が掲げた目標販売台数が400万台だから、あと2年ぐらいダラダラ売っていけば100万台ぐらいは売れるかもしれないけど、問題はそこじゃないと思うのよね~

 

ほら、未だにSONY自身が単発でゲームを作ってるじゃん? これがもう駄目駄目だと思うのよ。もっとオープンにして使用用途を横に広げていかなきゃ。

 

実際、『VRチャット』でもVチューバーでも、ユーザー主体でしょ? メーカーが作った世界でメーカーが作ったルールに従って遊ぶコンテンツは、そこで完結しがちなのよ。

 

まぁ、この辺はプレイステーションっていう縛りがあるから仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、SONYは映画部門も音楽部門もあるのに、その強みを全然活かせてない気がするのよね。「シアタールームVR」の悲惨さは目も当てられない。

 

う~ん、PS5もPS4の高性能版で終わるようであれば、PCVRに移る必要がありそうだね。「Dreams」みたいなダイヤの原石を上手く活かせるのかな~?

 

 

 

今日のプレイ内容

・DominoCraft…エリア4&5

・メガトンレインフォール…Move対応

・ランボスオブルイン…名作

・Kaboom Vroom…奥が深いゲーム

・まいてつ…ハチロクルート

・The Persistence…金集め

・その他…ねこあつめVR、動画系アプリ、他色々

 

 

 

DominoCraft

昨日はずっとこれをやっていたね。一応、あれ以来データが消滅するバグは起こっていない。

 

ただ、全てのドミノを倒してもクリア判定が貰えなかったり、倒れている星がカウントされなかったり、バグを疑う現象がけっこう多い。それがけっこうストレスだね。

 

(中々根気のいるゲームだね。失敗するとかなりムカつく)

 

そうだな~、どんどん違うギミックが現れるのはパズルとして理想的だし、それをある程度上手くパズルに落とし込んでいると思う。

 

ただ、中途半端さも感じるのよね。ドミノを並べて倒すという部分は単なる作業になっていて、ギミックを使ったパズルに頭を使わないといけない。

 

あと、ドミノが跳ねる現象は勘弁して欲しいな~。これが原因で何度もやり直しを食らっている。Moveの精度も問題なのかも。

 

(ドミノはただただ並べるだけだからかなりダルい。地味な作業です)

 

そんなこんなでどうにかエリア5まではクリア。時間さえ掛ければ確実にクリア可能なゲームだね。とにかく失敗にめげない根気が必要。

 

因みに、エリア6は北米が舞台だった。背景は相変わらず狂ってるよ(笑) ある意味バカゲーかもしれない。

 

(全6エリアだから、明日か明後日には全クリ可能なはず)

 

 

 

 

メガトンレインフォール

アプデでMoveに対応したと聞いたから確認してきたんだけど…

 

案の定というかなんというか、操作性最悪で全くゲームにならなかった。「」と一緒で、デュアルショック用にデザインされたゲームがMoveに対応するとろくなことにならない。

 

(移動すらままならない。これじゃあゲームとして成立しません)

 

ボタン割り当てについて説明しておくと、トリガーでブラストの発射、Mボタンで移動、その他のボタンで特殊な技の発動だね。移動の方向や上昇下降はMoveの向きでコントロール、方向転換は「」みたいに首で行う。

 

まぁ、ボタン割り当てはかなり普通なんだけど、このゲーム自体が普通じゃないからね(笑) 動きが激しいだけじゃなくて、攻撃を外してはならないという特殊ルールがある。

 

難易度もかなり高いし、Moveでプレイする人は世界中探してもほとんどいないと思うね。

 

(両手のトリガーを引いて手を押し出すとギガトンブラスト)

 

(説明書きを見れば一目瞭然。他の操作も全て癖がある)

 

こういうケースを目の当たりにすると、ハンドルコントローラーに拘り過ぎるのも問題だと感じるね。たとえデュアルショック半分から割ったようなコントローラーが作られたとしても、ボタン操作と手の動きを同時に行うのは難しい。

 

アクションゲームはこれまで通り3人称でパッド操作がベストだと俺は思うな~。もし、ハンドルコントローラーを使うのであれば、ゲームデザインそのものを変える必要があるはず。

 

 

 

 

ランボスオブルイン

今日はこれについてたっぷりスペースを割いて語りたい。

 

「Dreams」を開発している"MediaMolecule"は、この「」を開発している"DoubleFine"と横の繋がりがあるみたいで、ストリーミングでコラボしていたりもするのよ。

 

というわけで、久しぶりに通しでプレイしてきた。謎解きがわかっていれば1時間半ぐらいでエンディングまでいけるソフトなんだけど、内容はバッチリいいからお薦め。まだの人は是非プレイして欲しい。

 

(今の所VR作品はこの一本だけかな? かなりの手練とみた)


このゲームはサイコキネシスを駆使してはぐれた仲間を探すアドベンチャーゲームなんだけど、コミカルでダークな世界観がとにかく最高なのよ。キャラクターのデザイン、配色、オブジェクトのデフォルメ、眺めているだけで楽しくなってしまう。

 

今日改めてプレイしてみると、アニメーションや表情の幅の広さにも驚かされたね。

 

(スチームパンクとはちょっと違うかな? かなり特徴的な世界観)

 

細かいオブジェクトがいっぱい出てくるんだけど、沢山の素材が使われていて違う質感が混在しているのが興味深いね。

 

よく考えてみると、現実世界では様々な素材が密集して存在している。鉄、ゴム、ガラス、プラスチック、布、石、木材、紙…。リアルをCGで再現するのはやっぱ大変なんだな~

 

(泡のグラフィック。「Dreams」でもこのレベルの表現が出来るのかな~?)

 

(光を使った演出もバッチリ。普通のアニメとして鑑賞しても面白い)

 

あと、この作品を語る際にどうしても避けられないのが世界のサイズの話。たくさんの動物の視点を借りて冒険を繰り広げるんだけど、その動物の大きさによって世界のサイズがコロコロ変わるのよ。これはVR作品ではかなり珍しい。

 

んで、これってもしかしたら、普段俺らが2Dの映像作品を見る時の感覚に近いのかな?と考えたりもした。

 

ほら、2Dの映像作品ではカット毎にカメラと被写体の距離や構図が変わるじゃん? アップになったり引きの画になったり。あれに通じるものがある。

 

(このぐらいアップの画ってあんま無いよね? 見せ方が面白いのよ)

 

エフェクトの使い方も効果的だと思うね。ちゃんとサイコキネシスを連想させる。

 

OPは曲も映像もバッチリハマっていてめちゃくちゃセンスがいい。PSVRの中でもトップクラスの体験だよ。

 

うん、こういうゲームをやると本当に元気が出る。見過ごされているけど、実は革新的な試みがいっぱい詰め込まれている一本だと思うよ。

 

今考えると、これを2017年のランキングに組み込まなかったのは失敗だったかな~?(笑) もっと評価してやればよかった…

 

(OPはマジでチェックするべき。アニメ的な表現をVRで成功させている)

 

 

 

 

Kaboom Vroom

感想日記を書いた後にさらに3時間ぐらいプレイしているんだけど、もしかしたら俺が当初想像していた以上に奥の深いゲームかもしれない。ゴリ押しだと全然勝てないのよ。

 

(かなり独自なゲームだね。こういうインディーならではのゲーム性は大好き)

 

まず、炎と水のゲージを溜めないといけないから、出来るだけ早めに"磁石スキル"を持ったバイクを出撃させるのよ。操作が難しくて他のマシンだとアイテムの回収に失敗してしまうから、このバイクのカードが出るまで待つ事もある。

 

んで、ある程度ゲージが溜まったら、一気にマシンを出撃させている。ここで重要なのは、ミサイル、戦車、バス、みたいな攻撃特化型のマシンは自分で操作せずにAIに任せる事だね。ゲージの消費量が多いマシンだから、下手な操作で無駄にしたくない。

 

ただ、この方法だと徐々にカードが追いつかなくなって、5分を越えたぐらいから逆転されちゃうのよ。ん~、戦略を考えないといかんな~

 

(夜の都市は苦手なステージ。敵の攻撃を避ける術がない)

 

あと、敵の戦車とヘリコプターが驚異で仕方ない(笑) 戦車が出撃した瞬間超焦るもん。

 

そんなこんなで、レベルは8まで上がったね。どうしてもキャンペーンモードの4回目の戦いが突破出来ない。まぁ、正直敵のカードによってだいぶ難易度が変わるから、もしかしたら運要素もある程度関わってくるかもしれない。

 

なんにせよ、面白いゲームだよ。指揮官として後方にいてもいいし、自ら運転するのもアリ。かなり練られた作り。

 

ただ、全体を把握出来るレーダーが欲しかったね。前後に高速移動を繰り返していると、自分がどこにいつかわからずに混乱する。

 

(新しいパトカーをゲット。カードを採用したのは実に面白い)

 

 

 

 

プレイしたソフトが多いから、続きは明日書くよ。

 

そういえば、StarVRにも動きがあったみたいだね。そろそろ第2世代のHMD達が台頭してくる頃か? その辺も明日書くよ。

 

最近リリースされたソフトはどれもオリジナリティーがあって、個人的にはかなり楽しんでいるね。色々な可能性を見せてくれるのは嬉しい。

 

でも、まだ全然足りないね。全ての事をVRで出来るようにして欲しい。

ニートの19歳女の子にアニメーションの話をしたら泣かれた

昨夜

借りてきたビデオを観た

リメンバー - ミー

妻と
グアムに行く時
飛行機の中でやっていた映画だ

残念ながら
和訳がなかったので

いつか必ず
観たいと思っていた

ピクサーの
コンピューターアニメーション
要するに
アニメ映画なのだが

日本では今年の3月に公開され
数々の賞をとった映画だ


メキシコの死者の日

日本でいう
お盆に繰り広げられる
奇想天外な話なのだが

その中に

家族の愛の大切さや
二度の死という
切ないテーマが盛り込まれている

最後は泣いたね

アニメなのに

音楽も素晴らしかった

できれば
吹き替えより
字幕の方のが良かったんだけど

ストーリーが
なんといっても素晴らしい


大人も子供も
いろいろな意味で楽しめるので

興味のある方は

ぜひ観てほしいな








[広告] 楽天市場
  • 桃太郎 海の神兵/くもとちゅうりっぷ デジタル修復版【Blu-ray】 [ (アニメーション) ]
  • 【送料無料】[枚数限定][限定版]傷物語(I鉄血篇)【完全生産限定版】【Blu-ray】/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】
  • 送料無料 ゲゲゲの鬼太郎公式 鬼太郎コスチューム 東映アニメーション ハロウィン コスプレ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪

アニメーション 関連ツイート

RT @yokaibanish: 夏が終わる前に、私の卒業制作のアニメーションを見て下さい https://t.co/7oLobCiUjq
07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる