FC2ブログ

SHIFT_the way you move 現在進行形の可能性を、未来へ。

現在進行形は今すぐなくなればいいと思います

 

こんにちは、

呼吸で骨盤矯正する体操
日本骨盤ヘルスケア協会代表 です

 

 

突然ですが実は私6年前めちゃ太っていました!

 

 

 

もともとは5号のスカートを履くくらい細身だったのに

35歳を過ぎた頃から急に太り出し・・・

 

 

 

SSサイズからLサイズ

 

 

 

若い頃と同じように食べて、飲んでいたら

戻らなくなってしまい・・・

 

こんな感じ・・・

 

 

何をやっても痩せられない!!

 

 

 

どんどん

 

 

お腹周りがぽっこり

 

 

 

 

 

背中にもお肉いっぱい

 

 

 

 

気づいたらおばさん体型になっていました・・・

 

 

 

 

スカートにブラウスをインして履けない辛さ

 

 

最後の方は体型を隠せる

チュニックしか着られませんでした・・・

 

 

 

 

バナナダイエット

やせるサプリ

置き換えビスケット

 

 

その他ありとあらやることを試してみましたが

 

 

 

まったく変化は無く・・・

 

 

コアリズム、ヨガも試しましたが、

 

 

運動が苦手な私は続きませんでした・・・

 

 

 

 

そして食事制限やお酒を減らすことは

一番のストレスになり、

 

逆にどんどんどんどん、

 

太っていくばかり・・・

 

 

身体はどんどん重くなっていき、疲れが取れない・・・

 

 

 

あ~もうどうしたらいいんだろ・・・

 

 

 

もう40近いし・・・

 

仕事忙しいし仕方ないか・・・

 

自分に言い聞かせたりして

 

 

半ば諦めていました

 

 

 

もしかしたら、

 

あなたもそんな経験ありませんか??

 

はたまた

 

現在進行形だったりしませんか?

 

 

 

 

しかし!シンプルなある2つのことをためしたところ

 

 

今までの身体が

 

ウソのようにみるみる痩せていきました・・・

 

昨年のバースデイ

 

 

 

 

食事制限は一切ナシです!

 

 

他の方のビフォアアフター

 

 

体験レッスン1回でこの変化

姿勢が良くなり、バストアップ、ヒップアップ

 

 

 

猫背で典型的なおばさん体型でしたが

体験レッスン1回で別人のような体型に変わりました

 

 

 

約5ヶ月程でバストアップして、

メリハリのある女性らしいスタイル

 

 

 

約半年で

太ももお尻のお肉がなくなり、ヒップアップ!

バストアップ、ウエストのくびれもできました

 

 

細い方でも月一回、

3回のレッスンでヒップがキュッとアップ!

 

 

 

約1年でぽっこりお腹スッキリ!

 

ご本人も驚きの

ウエストマイナス13センチ!!

 

 

 

こんなに何をやっても痩せられなかった私が

試したシンプルなこととは・・・

 

 

 

 

呼吸と骨盤です

 

 

 

骨盤に特化したゆっくりとした呼吸法の体操

ピルビスエクサ®

 

 

これだけを繰り返し行っていった結果

 

 

 

 LサイズからSSサイズになった

 

 お腹が出せるタイトスカートも自信を持って履けるようになりました

 

   重たかった身体が軽くなり、健康体質に、医療費ゼロになりました

 

   美味しく自由に食事が楽しめるようになりました

 

   実年齢よりいつも10歳以上若く見られるようになりました

 

 体内年齢45歳にして平均30歳

 

   10歳年下の男性と結婚できました

 

   好きな仕事に出逢えて倍以上の収入になりました

 

   ありのままの自分と向き合えるようになり、イライラしなくなりました

 

   毎日を楽しく笑って過ごせるようになりました

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココロとカラダは繋がっています

 

 

 

そんな望む未来の自分を手に入れたい方は、

ピルビスエクサ®体験レッスンへ是非ご参加ください

 

 

 

食事制限なしでおばさん体型とおさらばできますよ!

 

 

イベントでは毎回満席をいただいています

 

 

 

 

※今回は、サロンにて少人数でのレッスンとなります

 

現在、東京サロンを活動の拠点としておりますので

私が直接、名古屋サロンで行うのはこれが最後になるかもしれません・・・

 

 

 

<名古屋サロン体験レッスン>

 

<日時>

8月7日(月) 14:00~ 担当:SHIZUKA 満席

8月7日(月) 19:00~ 担当:SHIZUKA 満席

8月19日(土) 17:00~  担当:MIKA 残席1名

8月21日(月) 14:00~ 担当:SHIZUKA 満席

8月27日(日) 14:00~  担当:MIKA 残席1名

 

(約2時間・女性のみ)

※男性はご紹介の方み受け付けております



<場所>

名古屋市中村区名駅南1-23-14
ISE名古屋ビル6F
ピルビスサロンS

 


<参加費>
おひとり 6,000円

事前お振込にてお席の確保とさせていただきます

 

 


<持ち物>
①ジャージ(ソフトガードルを含む矯正下着は着用不可)
②くつ下(シューズは不要)

③汗拭き用のハンカチ&お水など(汗はほとんどかきません)

 

 

 

日本骨盤ヘルスケア協会 代表 佐藤志津香

 

 

 


お問い合わせ、お申し込みは

 

あなたのご参加お待ちしております

 

 

 

に綴っています

 

 

 

 

最近人気のブラックSHIZUKAの記事
から

 

 

 

 

お問い合わせ、お申し込みは

 

 

 

 

現在進行形が想像以上に凄い件について

新黒沢10巻、トネガワ5巻、ハンチョウ1巻購入。
そして火花すら読みかけなのに、ピース又吉の劇場も。
黒沢は合気道編の折り返しと言ったところ。
白刃取りを巡る恋之助の心理描写、そしてラストで黒沢の取った策は福本作品らしい攻防なので満足。
ただ、間違いなくこのエピソードの主役は黒沢でも恋之助でもなく神林さんだと思う。全てのセリフのキレが良すぎる。
 
文句なしに面白いのですが、現在進行形で連載が続いている内容なので・・・テンポはさほど悪くないものの長編すぎる気はします。

 

ハンチョウ1巻は連載第1~7話、

トネガワ5巻は32~38話、江崎グリコ(プッチンプリン)とのコラボ短編、トネガワvs.ハンチョウを収録。

大体の感想は載せているので割愛しますが、特にトネガワはネタ切れの心配もどこ吹く風。新メンバーも増えて勢いが加速し続けているのが分かりますね。

 

※単行本での描き下ろしページ紹介

 

第33話「送別」、異動する3人の送別会編より。

過去に利根川も飛ばされた、南波照間島での一コマ

キッチリ名言のパロディを挟んできましたね!
水中でも全く崩れない髪型にも注目(^_^;)
 
というか・・・利根川が飛ばされたのはだいぶ若い頃だろう・・・と勝手に思っていましたが、外見からして最近なのですね。
恐らく数年で№2に最も近いところまで出世したわけなので、どれほどの努力があったのか気になるな。

 

第35話「冴子」、新メンバー西口への佐衛門の片想いエピソードより。

佐衛門が西口に掛かってきた兄からの電話を、彼氏によるものと勘違いしたシーンがありましたが・・・

お前も覗いてたのかw 確かに狙っていた雰囲気はあったしね。中田は正直でいいな。
 
第36話「介入」、堂下とのスパルタ節制回より
これは・・・!堂下のセリフにもコミットという単語が出てきましたけど、完全にライザップを意識してるな。
 
ドゥーンドゥン!ドゥーンドゥン!
テレレレ!テレレレレレッテッテッテテレレレ!
テレレレレ!テッテッテテレレレ!

BGMは脳内補完でお願いします(^_^;)

 

最新版の黒服図鑑も掲載されていました。

当初のメンバーはもう7/11しか残ってないんだよね・・・つくづく帝愛で生き残るのは難しい。
 
・・・しかし!
今月の最新話で一人が復活。
 
それは先月から続いた、とある騒動が発端でした。

 

以降34話感想

或る日・・・専用の個室で寛いでいた利根川の元に、中田が助けを求めてやってきました。

 

実は、中田は帝愛の公式twitterの担当。

しかし・・・

確かに、大企業ですし軽はずみな内容は避けなければいけません。
しかも消費者金融ですからイベントも少ないでしょうし、慎重になるあまり手が止まってしまうのも頷ける気がする。

 

まあ・・・よりによって、チームの中でも最も失言のリスクがありそうな中田に任せたのはどうかと思うけど。これは偏見か。

 

そしてtwitterを話の中心にしている辺り、完全に時代考証は諦めたようですね。作品の可能性を広げるためにも、その手の制約は不要か。

私も、もうツッコまないことにします。

 

利根川はとにかく継続することが大事、内容はありきたりな事でも構わないと話しました。

 

継続は力なり、これは当然とはいえ難しいですね。

才能がある人なら一発で浮上することも可能ですが、凡人は継続して積み上げないといけない。

継続しても積み上げられず、積み上げたとしても高が知れている結末かもしれない。日の目を見ないまま終わるかもしれない。

それどころか途中でぶち壊し、更地になることもしばしば。それでも・・・また一からやり直すしかない。諦めたら人生そこまでですし。

 

利根川はアドバイスしつつ、PC画面を眺めていると・・・気になる物が。

帝愛はブラック無糖でありブラックホールかw センスあるね。
 
てか遠藤さんと黒崎さんもアカウント持ってたの・・・w
遠藤さんがtwitterを使いこなすイメージが湧かないけど、部下が担当なのかな。
そして黒崎さんは個人で持ってるんだ。安定のマックロサキー、自分の馬があれだけ強ければそりゃ気に入るよね。
柔軟な性格ですし、名前もくろよしに設定している辺り、実はかなりヘビーユーザーとかもしれない。

 

ともかく、このアンチアカウント。

利根川は帝愛に恨みを持った多重債務者による小さな嫌がらせに過ぎない、と気に留めませんでしたが・・・よく見るとフォロワー数が151。

公式であるこちらの136より上回っていました。

 

その事実すら知らなかったらしい中田に、呆れた利根川は自分が担当を代わることに。

 

確かに、今やトランプ大統領まで公式の会見を差し置いてtwitterで発言しているような時代。影響力はバカにできません。

ある意味、世界中の人間が24時間監視しているようなもの。

 

利根川は、SNSこそ上の者がすべき仕事だと話しました。

 

こうして始まった、「中の人」生活。

 

しかし、めぼしい話題を発見できない日が多く、内容の8割は天気と味気ないものばかり。

たまに帝愛の宣伝や景品の当たるRTキャンペーンを織り交ぜるものの、フォロワー数は398人。微増にとどまります。

 

それも毎日継続しているにも関わらず、増えたフォロワーの大半はキャンペーン目当ての懸賞マニアたち。

当然、帝愛そのものには無関心の者ばかりですから、これでは意味がありませんね。

 

そして気が付けば、「帝愛潰すアカウント」のフォロワーは598人。利根川も努力しているのですが、当初よりも差を広げられてしまいました。

 

さすがに危機感を覚えた利根川は、最後の頼みの綱として現代っ子の佐衛門に相談。

 

すると、佐衛門曰くこのアンチは中々の手練れ。

単に批判のツイートを流しているだけでなく、かわいい猫が戯れているGIF画像や、人気アニメの直筆イラストを挿し込むことで「いいね」を誘発。

 

さらにはお題#にも積極的に絡み・・・

まるで大人と子供・・・!

歴然の差があります・・・!

 

おお、言い切ったな佐衛門!w

流石だ。

 

そしてアンチの実力を認めた上で自信があるのか、佐衛門は自分が担当を代わりたいと切り出しました。

確かに佐衛門なら勝手も熟知していますし、十分に対抗できそうですね。

 

しかし、利根川はどうしても自分が世迷言ばかりのアンチに負けていることが許せない様子。

佐衛門は「バズる」の意味すら分からないようではとても太刀打ちできない、と心配しますが、利根川は本気モードに突入・・・!

あれ・・・twitterは何年も使ってるけどバズるってよく知らないかも・・・w 話題になる、という意味は分かるけど・・・。

 

佐衛門に教わりながら、プライドを捨てて多忙の合間を縫ってはGIF探し。

朝起きれば、撮り貯めておいた人気アニメを片っ端から鑑賞。

 

その甲斐もあり、徐々に現代の流行やセンスの傾向を摑み始めました。

それまでのお天気ツイートはなくなり、GIFやイラストを多用。

草には草を生やしてはいけない、って奴か。
でもメシウマの誤用も含めて、これなら逆に狙ってのネタともとれるし面白いけどね(^▽^;)

 

順調にフォロワー数も伸びているかに見えましたが、アンチアカウントとの差はなかなか縮まりません。

考えてみれば、利根川のしている事はアンチの後追いに過ぎません。初心者の単なる模倣では、手練れを超えることはできないのですね。

 

勝ちへの方程式が見えず、もがく利根川。

切り口を変えようと試行錯誤しますが・・・

こ ん な 利 根 川 見 た く な か っ た
 
自分でイラスト描いてそれを載せるつもりだったのか・・・
それはイタい。
しかもこれ、けも○フレンズでしょ?流されすぎてるね・・・。
流石に迷走が過ぎると、自覚したようなのは救いですけど。
 
その折、社食にて佐衛門に呼び出された利根川は、その日に呟かれたアンチのツイートを見せられます。

 

これこそが、事件の発端でした。

そこには「帝愛社食のみそ汁は具がもやしだけ」の文が。

 

いつもの下らないデマだと、利根川はピンとこない様子でしたが・・・

実は、

内部の人間による・・・犯行・・・!
 
利根川の敵は、まさかの身内に潜んでいました。
まあ具がもやしだけ、というのは適当な勘で当たっただけとも思えますけど・・・この推理は事実当たっていました。

 

以下、35話です。

 

アンチのフォロワーは7千にも達し、いよいよ影響力を無視できないレベルとなってきました。

 

利根川はチームで緊急会議を開き、注意を喚起。

そしてアカウント主を探し出すため、協力を求めました。

利根川先生のことじゃ・・・
 
え・・・!(°д°;)
しかも、利根川が部下の名前を覚えられないことは、帝愛内でも限られた人間、つまりこのチーム内の人間しか知らない事。

 

ざわ・・・ ざわ・・・

 

顔を見合わせるメンバーたち・・・

重い空気が流れだしますが、

佐衛門・・・!気持ちは分かるけど、その決めつけは良くないよ。
詮索しないで、こういう時こそ互いを信頼しないと。
 
たかが、たった一つのツイートによってチームの空気は最悪に。
疑心暗鬼が渦巻く中、苦悩する利根川を嘲笑うかのように、アンチはツイートを続投。
ついにはフォロワー数も大台の1万を超えました。

 

ただ、チーム全員が揃っての仕事中もツイートは投稿されているので、これはむしろ外部の人間によるものという証じゃないか。

少しでも覗かれたらアウトの状況で、呑気にGIFを選んだり#に絡んだりはできないはず。

バレれば即解雇まであり得ますし、単なる嫌がらせとしてはリスクが釣り合わなさすぎるよね。

 

焦る利根川は犯人のヒントを探るため、過去のツイートを見返していると・・・横にいた佐衛門が、とあるツイートに目を留めました。

 

それはタブレットの液晶が割れたことを帝愛のせいにするgmツイートでしたが・・・佐衛門はPCを借りると、すぐさまadobeの写真編集ソフトを立ち上げました。

※(現在、トネガワは公式でadobeとコラボしています

 

何か策を思いついたらしい佐衛門。

コントラストをいじると・・・
お前かい・・・!(;´Д`)ノ
海老谷をずっと一番応援してるのに、どんどん堕ちて行くのが悲しいよ・・・。
 
でも、海老谷しかいないよね。
ツイートの中身からチーム利根川の誰かであることは確定でしたが、
現在のメンバーが犯人だとすれば、先述のように仕事中のツイートは危険すぎる行為。
左遷された3人も、恨みはあるでしょうがまだ正社員。ここまでのリスクを冒すことはない。

 

まあ穿って見れば東さんなどは残りますけど、そもそもこれほど帝愛への恨みを持つ理由がある人間は・・・一人しかいなかった。

でも、その当たり方にこんな姑息な手段を選ぶとは・・・悲しい。

 

その時、アンチによる新着ツイートが。

何と、その内容はこの帝愛本社の外観を撮影したものでした。

 

即座にカーテンを開けると・・・そこには!

いちゃった・・・w
これは軽率だな・・・。一番避けたいのがツイートの現場を目撃されることですし、絶対に場所を離れてからツイートするべきでしょ。
 
他でもない海老谷だから・・・この状況でもなぜか応援してしまった。

 

なおも、その場で追加のツイートを送る海老谷。

長居しすぎ。そのとき背後には・・・

ホント、皆が無表情なのも分かる。
もう怒りというよりは失望したよ。
 
その方向性が間違っていようと、これまでは失敗しても誰よりも前向きに行動を起こしていた。
だからこそ応援していたのに・・・今回はただただ、他人の足を引っ張ろうとしていただけ。

 

今の海老谷は住む場所もなく、貯金もゼロ。

人生を狂わされたのは全て帝愛に入ったせいだ・・・と叫び続けます。

 

しかし、解雇も会長への不遜な行動が原因ですから、すべて自業自得。何を始めても失敗続きなのは不幸ではありますが、当然・・・それが帝愛に八つ当たりしていい理由にはなりません。

 

呆れ果てた利根川と黒服たちによって、海老谷は眠らされ・・・そして気が付けば、どこか分からぬ檻の中にいました。

 

そこは質素な四畳半。

一見牢獄のようですが、水道やトイレなどの基本設備のほか、TVやBDレコーダー、PCや液タブが与えられていました。

 

状況が把握できない海老谷ですが・・・そこにやってきた利根川は、とても今回の行動は看過できないとしながらも、

他でもない、帝愛公式ツイッターのアカウント情報を渡しました。
 
キサマは本当にどうしようもないクズだが・・・
まあ・・・
!!!!( ̄□ ̄;)!!
 
ま・・・マジで・・・!?
これまで何度も救いの手を差し伸べて、それでも何度も裏切られ続けてきたのに・・・。
何という慈悲深さ・・・仏様ですか?
まさか、一連の騒動がこんな形で決着するとは。
トネガワで泣きそうになるなんて予想だにしてなかったよ・・・。
 
海老谷が復帰した、という理由だけでなく、とにかく利根川の懐の深さに感動した。
ギャグもその場だけの安直な笑いじゃない、シリアスを重くさせず、感動を引き立てるためのエッセンスに働いている。この匙加減が本当に素晴らしいね。
 
これは過去のベストエピソードを更新したんじゃないかな。
個人的にはダントツ。
 
そして今度こそ、海老谷は期待に応えないと。
利根川も含めて、皆が覚醒の時を待っていることだし・・・これは波乱万丈の末にたどり着いた最後の情け。本当に頑張ってほしい。

 

単純に・・・面白いエピソードだったな。うん、面白い。

最後の最後で語彙が貧困ですみません(^_^;)

 
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる